アメリカで買える漢方薬の専門店、世界中の皆様へ
緑内障,白内障,目の病全般
現在、より見やすいHPにするため、商品一覧画面を作成中です。
ホーム緑内障、目の病全般杞菊地黄丸 (こぎくじおうがん) Qi Ju Di Huang Wan (錠剤)
商品詳細

杞菊地黄丸 (こぎくじおうがん) Qi Ju Di Huang Wan (錠剤)

販売価格: US$36.80 (税込)
数量:
タブレット剤で、600粒入りです。(約30日服用分の量となります。)

これは六味地黄丸(ろくみじおうがん)枸杞(くこ)と菊花を加えた方剤です。明目地黄丸(めいもくじおうがん)とほぼ同じ方剤と考えてよいでしょう。

日本ではこの杞菊地黄丸 (こぎくじおうがん)の方が知名度があるようですが、米国では明目地黄丸(めいもくじおうがん)が有名です。どちらも同じ効果が期待できます。

漢方医学の専門的な表現では、滋補肝腎、清肝火、明目などの目的で使用されます。

1.滋補肝腎(東洋的な意味合いでの肝と腎を潤し補う)
2.清肝火(東洋的な意味合いでの肝にたまった熱気を冷ます。この熱が眼にあがってきて問題をおこすと考えられています。)、3.明目(文字通り、眼をすっきりとさせる)

病名列挙:
緑内障、中心性網膜炎、視神経萎縮、球後視神経炎、疲れ眼、ドライアイなどあらゆる眼の疾患。

高血圧症、自律神経失調症などで、肝腎陰虚、肝火旺の症状を呈するもの。
この意味は、ストレスや過労、年齢的なもので、東洋的な意味合いでの肝と腎の一部が虚してしまったためにおきる熱が発生した状態をさします。この熱を虚熱といい、この熱が眼にあがってきて、結果的に眼の障害を起こしていることが多いのです。

緑内障、白内障、疲れ眼、赤目、ドライアイなど、あらゆる眼病の原因となります。




飲み方:
7粒から10粒、一日2回ー3回随時服用。


処方内容:
枸杞子、菊花、熟地黄、茯苓、山薬、沢瀉、山茱萸、牡丹皮


(写真は本品ではありません。漢方薬はどれも粉か粒で、写真では同じように見えるので、他の物の写真を代りに載せておきました。)
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
調剤のコンディションによって丸薬か平たいタブレットのどちらかでお出ししております。

丸薬状の漢方薬は写真のような厚手のビニール袋に入れられております。この袋も漢方薬の材料と同じく、米国FDAの厳しい基準に合格した、薬剤及び食品を入れることを許可された袋です。

また、時として別の写真のようなタブレット剤(平たくて丸い形状)で出荷される場合もありますが、内容的にはまったく変りがありませんので、ご安心してご使用になれます。
(画像をクリックすると大きく見られます)
タブレット剤(平たくて丸い形状)漢方薬は写真のような厚手のビニール袋に入れられております。この袋も漢方薬の材料と同じく、米国FDAの厳しい基準に合格した、薬剤及び食品を入れることを許可された袋です。

また、時として別の写真のような黒い丸薬で出荷される場合もありますが、内容的にはまったく変りがありませんので、ご安心してご使用になれます。