アメリカで買える漢方薬の専門店、世界中の皆様へ
食欲不振、胃腸炎、消化性潰瘍、胃腸炎、大病後の体力回復、胃癌の症状の緩和、肝硬変或は肝蔵癌による腹水の治療などに使います。
現在、より見やすいHPにするため、商品一覧画面を作成中です。
ホーム胃薬六君子湯 (りっくんしとう)
商品詳細

六君子湯 (りっくんしとう)

販売価格: US$45.60 (税込)
数量:
粉剤で、100グラム入りです。(約25日ー28日服用分の量となります。) 粉剤が飲みにくい方はカプセルをご利用ください。

本方剤は東洋的な意味合いでの五臓である肝、心、脾、肺、腎の中の「脾」の働きを助け、温かい陽の気を育みます。
漢方医学でいう「脾」は胃腸を含む消火器系統のコントロールタワーと考えられています。

この脾の働きが助けられることにより、胃を開き、食欲を増進させ、代謝をよくすることが可能になります。

胃腸が虚弱で胃の中の水はけが悪い状態にもちいます。具体的な症状ですと、食欲がなく、元気がなく、手足が重だるい。食後に眠くなりやすい。下痢しやすいなどの状態を癒します。


人によっては脾臓を摘出していらっしゃる方がいらっしゃいます。
しかし、漢方医学的な意味合いの脾はそれでもその働きが存在しますので、問題なく服用可能ですし、同等の効果が期待できます。



六君子湯で治療できる病名列挙:
食欲不振、胃腸炎、消化性潰瘍、胃腸炎、大病後の体力回復、胃癌の症状の緩和、肝硬変或は肝蔵癌による腹水の治療などに使います。



詳細に関しましては、随時メールにで問診を受け付けております。

飲み方:
専用スプーン2杯を適量のお湯に混ぜて服用。一日2-3回。
カプセルにつめて服用の場合は一回3カプセルで一日2-3回。
(専用スプーンは毎回同梱されております。)
(漢方薬は化学薬品ではありませんので、厳密に服用時間を決めなくても、その一日の中で決められた回数が飲めていれば結構です。)


処方内容:
人参、白朮、茯苓、甘草、生姜、大棗、陳皮、半夏

(写真は本品ではありません。漢方薬はどれも粉か粒で、写真では同じように見えるので、他の物の写真を代りに載せておきました。)