アメリカで買える漢方薬の専門店、世界中の皆様へ
月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状としての頭痛やめまい肩こり、打撲、捻挫、手術痕などの外傷の早期治癒
現在、より見やすいHPにするため、商品一覧画面を作成中です。
ホーム大けがや手術など体にダメージを受けたことがある通導散 (つうどうさん) 瘀血(おけつ)対策
商品詳細

通導散 (つうどうさん) 瘀血(おけつ)対策

販売価格: US$45.60 (税込)
数量:
粉剤で、100グラム入りです。(約1か月分の量となります。) 粉剤が飲みにくい方はカプセルをご利用ください。

通導散(つうどうさん)瘀血(おけつ)の程度が強く、気の流れが阻害されている体質の方に使います。
これは、比較的体力があり、虚弱体質ではないほうで、便秘しがちな方に適しています。

こういった体質の方で、月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘につかいます。
また、高血圧の随伴症状としての、頭痛、めまい、肩こりにも著効いたします。

本方剤の強い瘀血(おけつ、血の滞り)を散らす作用があるということで、打撲、捻挫、手術痕などの外傷を早期に治癒させるためにも使います。

強い瘀血の排出作用があることから、妊婦さんはこの通導散の服用を避けてください。しかし、妊婦さんで瘀血のある場合は、問診の上、桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)や桃核承気湯(とうかくじょうきとう)などを使用する事で、安全な漢方薬治療を継続することが可能です。

また、頑固な瘀血があって、妊娠を希望される方で、この通導散を服用している方は、妊娠がわかった時点で服用を中止し、上記の方剤に変えてゆくなどの方法を取る事があります。
逆に通導散の瘀血排出作用で、妊娠ができなくなる事は絶対にありませんので、ご安心ください。

適宜、メールやお電話による問診を行っておりますので、お気軽に連絡をなさってください。




病名列挙:
月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状としての頭痛やめまい肩こり、打撲、捻挫、手術痕などの外傷の早期治癒


飲み方:
専用スプーン2杯を適量のお湯に混ぜて服用。一日2-3回。
カプセルにつめて服用の場合は一回3-4カプセルで一日2-3回。
(専用スプーンは毎回同梱されております。)
(漢方薬は化学薬品ではありませんので、厳密に服用時間を決めなくても、その一日の中で決められた回数が飲めていれば結構です。)


処方内容:当帰、大黄、芒硝、枳実、厚朴、枳殻、陳皮、木通、紅花、蘇木、甘草

(写真は本品ではありません。漢方薬はどれも粉か粒で、写真では同じように見えるので、他の物の写真を代りに載せておきました。)